合宿免許で、視力を確認されるのはナゼ?Part2

| コメント(0) | トラックバック(0)

もしも、メガネやコンタクトレンズを使用しても「片眼それぞれ0.3以上、両眼で0.7以上」(普通車・二輪車の場合)の入校条件を満たすことができない場合はどうしたらよいのでしょうか?

いままでに、野球の練習中に打球が目に当たり、右目の視力がまったくない・・・とご相談を受けたことがあります。幸い左眼は視力が1.0ほどで、両眼視力も問題ありませんでした。

こういったケースで確認の必要が出てくるのが、『視野150°以上』の条件です。

日本人およびアジア系民族は、片眼視力がまったくない場合でも、ほとんどの方はもう一方の健常な眼で150°の視野を確保できるそうです。(欧米系の方は鼻が高いので無理との話も・・・真偽は不明です)

メガネなどを使用した矯正視力でも、「片眼それぞれ0.3以上、両眼で0.7以上」(普通車・二輪車の場合)をクリアできない方は、眼科医にご相談の上、『視野証明』をお取りください。『視野150°以上』の証明書があれば、合宿免許ご入校可能です。

101107.jpgコチラの画像は、米沢ドライビングスクールで拝見した『視野検査機』です。レトロな機械ですが、いまでもたまに出番があるそうです。

★視力など身体要件の再確認は『入校条件』をチェック!/合宿免許エキスパート★

TwitterでつぶやくTwitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.menkyo-expert.com/mtblog/mt-tb.cgi/54

コメントする

合宿免許、自動車や二輪の運転免許は短期、格安の合宿免許で。早期割引、学割、グループ割引、レディース特典あり。安心と信頼の合宿免許エキスパート。