雪が降ったら、合宿教習はできなくなるの?

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝晩の気温が低くなり、朝起きると窓ガラスに水滴がつく季節になってきました。冷え込むと空気が澄んで、富士山がキレイに見えるのが唯一うれしいことです。

この時期に増えてくるのが『雪』に関するご質問です。

通常、山間部を中心に降雪量が多くなるのですが、昨年は、降雪量の少ない沿岸部にもドカドカ雪が降り、交通がマヒすることもありました。

今年の夏も暑かったし、カマキリが人の背丈を超える高さに卵を産み付けているとの情報もあるので、地球温暖化で小雪に苦慮していたスキー場は心配いらないかもしれません。

では、合宿教習は雪によりどのような影響を受けるのか?

例年、積雪のある地域の教習所であれば、雪によって教習スケジュールに遅延が生じることは、まずありません。なぜならば、雪が降ることを想定して、除雪設備等を整えてあるから!

皆さんの技能教習が8時から行われるとしたら、合宿教習所の職員さんは5時、6時から大型特殊で、除雪作業を行い、教習の準備をしてくれています。(夜も遅くまで教習しているのに、本当に御苦労様です)

積雪等により高速道路の制限速度が50km/h以下に規制される場合、『高速教習』を通常は実車で行っている教習所であっても『シミュレータ』で実施となります。(どうしても高速道路を走りたかった方には申し訳ありませんが・・・)

首都圏で5cm積雪があると、救急車の出動が頻繁になり、電車は遅延し、ノーマルタイヤで事故を起こし・・・。(雪の降らないエリアの教習所は、冬になってもスタッドレスタイヤに履き替えることはまずありません。よって、わずかな積雪でも「本日は教習を中止!」とすることもありますのでご注意ください。)

異常気象の昨今、もしもの積雪を心配するなら、備えあれば憂いなしのプチ雪国を選ぶのが安心です。

101118.jpg★東北・甲信越の合宿教習所は雪への備え万全です!/合宿免許エキスパート★

TwitterでつぶやくTwitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.menkyo-expert.com/mtblog/mt-tb.cgi/65

コメントする

合宿免許、自動車や二輪の運転免許は短期、格安の合宿免許で。早期割引、学割、グループ割引、レディース特典あり。安心と信頼の合宿免許エキスパート。