合宿免許エキスパート@大人の休日倶楽部/滊車辨當(きしゃべんとう)

| コメント(0) | トラックバック(0)

「限定商品らしいよぉ」と、駅弁発祥の地・宇都宮駅から駅弁到着!
大人の休日倶楽部『滊車辨當』は宇都宮の老舗駅弁・松廼家製造。 110812_1.jpg包装紙の表には「明治18年7月、宇都宮駅開業と同時にゴマ塩おにぎり二個を竹皮で包み五銭で売り出したのが、駅弁の始まりと言われています。」と書いてあります。
裏面には・・・ 110812_5.jpg画像が読みづらいので、書き出します!
~駅弁発祥地~宇都宮
「明治十八年七月、宇都宮駅開業と同時にゴマ塩おにぎり二個を竹皮で包み五銭で売り出したのが、駅弁の始まりと言われています。
いまでこそ土地柄に合わせた衣装で売っていますが、昭和のはじめ頃まで制服がありました。
上着は袢纏(法被)、紺無地の木綿で襟の左に駅名、右に販売店の屋号。
帽子は黒羅紗の鳥打帽。
腹掛け(どんぶり)、股引きは紺、駅名、屋号などはすべて白の染め抜きと決められていました。
履物は靴もしくは草履。立ち売り用の函も寸法が決められていました。
※熊谷、小山、宇都宮、高崎などは袢纏(はんてん)に鳥打帽といういでたちの上から白エプロン掛けでした。
当時の弁当を再現して作られた現代の『滊車辨當』がコチラ。 110812_2.jpg真ん中の竹皮は本物です! 本物の竹皮には、なかなかお目にかからなくなりました。 110812_4.jpgこれでもかというくらいまぶされたゴマおにぎりの中には、すっぱい青梅(小梅)が入っていました。刻み梅のおにぎりは時節柄、塩分多めの味付け。いずれもどでかサイズですが、竹皮の香りがほんのりと感じられ、もっちりごはんにチマキを思わされました。
おにぎりだけでは寂しいからか、煮物・揚げものなども少しずつ入っていますが、あくまでも脇役に徹しており、レトロ感覚を満喫できるお弁当です。
価格は五銭とはいかず、現代価格800円。でもお安めではないでしょうか?

★宇都宮・小山から便利!さくら那須モータースクールはキャンペーン中/合宿免許エキスパート★

TwitterでつぶやくTwitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.menkyo-expert.com/mtblog/mt-tb.cgi/359

コメントする

合宿免許、自動車や二輪の運転免許は短期、格安の合宿免許で。早期割引、学割、グループ割引、レディース特典あり。安心と信頼の合宿免許エキスパート。