合宿免許の持ちものが変わります(外国籍の方)

| コメント(0) | トラックバック(0)
ゴールデンウィークが終わる頃、ご予約された外国籍のお客様へ、合宿入校時の所持品を説明したところ「仮住民票記載事項通知書じゃダメなのかしら?」とご質問を受けました。
不勉強なため、『仮住民票記載事項通知書』について理解できず、いろいろ調べたら、本年7月9日に外国人住民基本台帳制度が改正されることがわかりました。
その後、各合宿校様へ各県免許本部より通達が出され、対応概要が固まって参りましたので、インフォメーションさせていただきます!
現在、外国籍のお客様が合宿教習所に入校される場合は、【登録原票記載事項証明書(役所で取得)】と【外国人登録証明書(カード式のもの)】をご持参いただいております。
平成24年7月9日より、外国人住民基本台帳制度が開始されるにあたり、道路交通法施行規則が改正され、入校時の所持品が変更されます。
 1)国籍を記載した住民票の写し(役所で取得)
 2)外国人登録証明書

上記2点をご用意いただかなければなりません。

◇平成24年7月9日以降にご入校される外国籍の方
 1)2)をご持参ください

 *[前日出発]、7月9日当日入校等で、1)を入校時に持参できない場合
   ご家族にお願いし、入校先の教習所宛に郵送をお願いします。
 *「仮住民票記載事項通知書」では代用できません。
◇平成24年7月9日以前にご入校される外国籍の方
 『登録原票記載事項証明書』と2)をご持参ください。
 *修了検定・仮免学科試験、卒業検定が7月9日にかかる場合
   ご家族にお願いし、入校先の教習所宛に1)を郵送いただく必要がございます。
   お一人暮らしの方は、一時帰宅し入手後、再来校(交通費は自己負担)となります。
 *「仮住民票記載事項通知書」では代用できません。

外国人住民基本台帳制度の改正時期に入校予定の外国籍の方は、くれぐれもご注意ください!
★外国籍の方は7月9日より持ちものが変わります/合宿免許エキスパート★

TwitterでつぶやくTwitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.menkyo-expert.com/mtblog/mt-tb.cgi/690

コメントする

合宿免許、自動車や二輪の運転免許は短期、格安の合宿免許で。早期割引、学割、グループ割引、レディース特典あり。安心と信頼の合宿免許エキスパート。