四国迷走 高知編1

| コメント(0) | トラックバック(0)
今宵は高知家安芸自動車学校の山口常務と土佐料理を堪能でございます(*^_^*)
漁師料理 明神丸(みょうじんまる)。呑んでないのにブレテる(;一_一)
131201_0.jpg
ぐずぐずと遅刻してしまいました。山口常務ゴメンナサイm(__)m
まずは、乾杯!生じらすだぁ。これだけでつまみは十分じゃない?
131201_1.jpg
なんといってもはずせない藁焼き鰹の塩たたきです。
手前のたれは、柚子酢と辛みそ。(辛みそたたきがクーポンで付いていたので^^;)
131201_2.jpg
ヘモグロビンたっぷりの赤身がすばらしい!塩だけでいただき、次は薬味(ニンニク・ミョウガ)と一緒に・・・ 辛みそは結局余ってしまいました。
131201_3.jpg
明神丸シーザーサラダ。(野菜も食べないとね!)
しゃきしゃき野菜が美味しい。阿北自動車教習所さんの隣の畑で育った『よっちゃんレタス』?
131201_4.jpg
鰹ハランボの藁焼き。
鰹のハラミ部分を、こんがりと焼きあげたモノ。脂がのっていて美味。ちょっとコゲすぎ?
131201_5.jpg
ちちこの天ぷら(鰹の心臓)。思いのほか、生臭さがないのは、地元で食しているからこそなのでしょう。
「ちちこ」って、「乳」ではありませんでした(^_^)v 鰹は哺乳類じゃありませんもんね!
131201_6.jpg
うつぼの炭火焼き。うつぼって・・・ウミヘビですよね?
なんとなくグロいのかと思いきや、アナゴよりもあっさりと肉厚で美味しい。
尾頭付きででてくるわけじゃないので、高知に行ったらトライしていただきたい一品です。
たたきと刺身もありましたが、初心者としては「焼」がいいかも。
131201_7.jpg
マイ・リクエストのチャンバラ貝。うしお煮になっています。
貝の蓋部分が、鎌のような形をしているからチャンバラ貝なのかなぁ・・・なんて勝手に推察。ひょろ長いから、つまようじでクリッとしてもうまく取れなくて、可食部分が少なかったのが残念。
131201_8.jpg
四万十川の清流で育った青さのりの天ぷら。のりの香りが芳ばしい。
131201_9.jpg
いかのお刺身。こりこりというよりも、もったりと柔らかく肉厚。なにイカ?
131201_10.jpg
酒盗(しゅとう)。鰹の塩辛です。
イカの塩辛は一般的。宮城では、ほやの塩辛を食べますが・・・さすが高知はカツオの食文化!
これって、日本酒が底なしに飲んでしまえそうでヤバイですよぉ。
131201_11.jpg
うつぼ料理の第2弾!うつぼのから揚げ。
「焼」よりもさらにくせがない。うつぼと説明されなかったら、わからないと思います!(唐揚げって、そんな感じかもしれません。偽装されてもわからない?)
131201_12.jpg
金目鯛の煮つけ。
煮魚って久しぶり!でも・・・もう・・・どうやっても入らない。スカートのチャック下げてもムリ!ごぼう1本でご馳走様^^;
131201_13.jpg
高知の鰹は、まぢ旨い!うつぼは怖くない!食わず嫌いは損をする。
高知の栗焼酎ダバダは、品薄につき、見つけたら即購入をお勧めします。

TwitterでつぶやくTwitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.menkyo-expert.com/mtblog/mt-tb.cgi/1277

コメントする

合宿免許、自動車や二輪の運転免許は短期、格安の合宿免許で。早期割引、学割、グループ割引、レディース特典あり。安心と信頼の合宿免許エキスパート。