かがやく一本松/さいとう製菓株式会社

| コメント(0) | トラックバック(0)
陸前高田ドライビングスクールまで遊びに行ってきました。K女史からいただいたお菓子。151124_1.jpg
『かがやく一本松』。
151124_2.jpg
以前、町であった海に面した場所は、建設重機が所狭しと設置され、土が盛られて、以前は何がどこにあったのか・・・まったくわからない風景になってしまっていました。
東日本大震災の半年後に訪れたときは、家の土台を示すコンクリートの跡が点在し、いくつかのコンクリート製の建物が形をとどめていましたが、いまは数メートルの土盛り状態。
高速道路やバイパス工事をしているような印象を抱きました。
陸前高田ドライビングスクールの周辺は高台のため、津波の被害は免れましたが、ぐるりと走ってみると、建設機械のレンタル会社がたくさんできていました。以前もそうだったかどうかは、わかりませんが・・・
151124_3.jpg
「沿岸を走って南三陸自動車道に出よう」なんて無謀なことを考えて(すべてカーナビが古すぎて新しい道路が表示されないことが問題なわけですが)、国道45号線を南下。
後からわかったのは、宮城県の登米市あたりまでしかできあがっていないという事実でした。
期せずして、東日本大震災で大きな被害と報じられた気仙沼市や南三陸町(わたし的には志津川と言わないとピンとこない^^;)を、夕暮れ時に通ることになりました。
151124_4.jpg
走行中に目についたのは『過去の浸水時にはここまで浸水しました』という標識。これでもかというくらいぶら下がっていました。注意促進は必要ですが、走行中に災害が降りかかったら、どうすればいいのか?知らない土地で避難するすべもないような気がしました。国道45号線は海岸沿いをたどる一本道みたいなものだから、いまだどうしようもない状況に置かれていると痛感。
いずこの海岸線も、建設機械がすごい数並んでいました。
なるほど、建設機械関係の資格が必要になるわけです。
151124_5.jpg
奇跡の一本松を車窓から片目で一瞬見られましたが、ひとりぼっちで残されてかわいそうだけど、復興のシンボルとして、これからもたくましく生き続けてほしいと願わずにはいられませんでした。
『復興福郎』も美味しくいただきました。

TwitterでつぶやくTwitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.menkyo-expert.com/mtblog/mt-tb.cgi/1970

コメントする

合宿免許、自動車や二輪の運転免許は短期、格安の合宿免許で。早期割引、学割、グループ割引、レディース特典あり。安心と信頼の合宿免許エキスパート。

合宿免許エキスパート

合宿免許エキスパート

合宿免許のことなら安心、短期、格安の合宿免許エキスパートへ

モバイル

合宿免許エキスパートのブログ

携帯電話からもブログをご覧いただけます