9 まったりと温泉の最近のブログ記事

昨晩、すでに満腹で思考能力が低下している中、「朝食は、お魚のしゃぶしゃぶ、蒸し豆腐、・・・の3つからお選びいただけます。また、ごはんは普通のモノとお粥が選べます」
あっさりと朝ごはんは食べたいよぉということで、蒸し豆腐を選んでおりました。
ジャーン!
140918_1.jpg
引き出しボックスみたいな構造のコレはなに?
なるほど、下段・サラダ、中段・焼鮭と卵焼き、上段・極小鉢。これらを一度で食卓に運べる優れものってことね!
140918_2.jpg
蒸し豆腐は朝食のメインディッシュ。ぽん酢でさっぱりいただきました。おかずはこれだけで十分です!
140918_3.jpg
こんなに並べてもらっても・・・次回利用するときは、タッパー持ってきてお持ち帰りしないと食べきれません^^;
140918_4.jpg
お食事の一品一品が丁寧に作られていて、食材も『一日30品目』をクリアできて、すごく満足です♪
自宅では、一皿おかずがドーンと出される感じなので・・・たまには贅沢な温泉も楽しまなくっちゃ!
夜中にもこそっとお風呂に入ったけど、温泉に来たら温泉に入らなければならないという義務感(?)が働きます。ということで早起きして、最後の入浴タイム!
昨晩とは、浴室が男女入れ替えになっています。(泉質が変わらないのだから別にいいのに・・・)
140918_6.jpg
入浴中は硫黄臭をそれほど感じないのですが、普段着に着替える時に、温泉が実はカラダに浸透している(おや?硫黄の匂い)と思ってしまいます。那須湯本まで上ると、もっと硫黄温泉を実感できるのかもしれませんが、十分、いい感じでございます。
140917_5.jpg
内風呂は、外が明るい分、浴室内が暗く撮影されてしまいました。プロカメラマンさんなら上手に撮影できるのでしょうけど・・・
140918_9.jpg
やっぱり開放的な露天風呂が気持ちいい(^_^)v
(露天風呂側から内風呂方向をみる。森林浴も一緒に楽しませてもらえる)
140918_8.jpg
朝に見ると温泉の湯は白濁している(^_^;) 夜にはわからないよ。
140918_81.jpg
ここからお湯が沸きだしてる。どどっと湧いているわけではないのに、この湯温キープできるのですから大した自然の力です。
140918_82.jpg
見上げると、青い空に木々の緑・・・うー、まったりしたい。
140918_83.jpg
さて、朝ごはん食べよう(^_^)/ 昨晩、あんなに苦しかったのに・・・温泉には消化酵素も含まれているのかな(?_?)
現実逃避でやってきた那須温泉山楽。ひとっ風呂浴びて、本日のメインイベント!
秋風感じる頃のお献立は・・・
【先付】菊花和え 菊花 菊菜 占地茸(シメジタケ?) イクラ
140922_1.jpg
【前菜】(右手前から時計回りに)
秋刀魚共焼き 鮎甘露煮 毬栗真丈 満月玉子 絹かつぎ ウサギ百合根
140922_2.jpg
和食ときたら・・・エビスビール♥ クリーミーな泡です。
140922_3.jpg
【吸物】清汁仕立 萩真丈 松茸 刻み三つ葉 酢橘(すだち)
140922_4.jpg
【刺身】季節の物 三種盛り
本日のお刺身は大間のマグロ、巻き海老、鯛でした。
海老の頭があぶってあり、エビ味噌まで食べられる・・・身は軽く湯がいてあります。
140922_5.jpg
【サービス珍味】
「東日本大震災の復興に協賛し、お礼として気仙沼から届いた珍味です。」
イカの塩辛、タコキムチ、めかぶ。
140922_6.jpg
【煮物】ひろうす含め煮 舞茸旨煮 栗含め煮 栗麩オランダ煮 絹さや
140922_7.jpg
【焼物】和牛ロース石焼 パプリカ 長ネギ
(さすが那須牛!美味しいのだけど霜降りすぎてギブアップ^^;)
140922_8.jpg
140922_9.jpg
【揚物】海老東寺揚げ 伏見唐辛子 岩塩 酢橘
【酢物】海月 サーモン 蛸 若布 胡瓜 水前寺海苔
140922_91.jpg
【食事】松茸ごはん  【香物】  【止椀】
140922_92.jpg
【水菓子】梨 巨峰 レアチーズケーキ
140922_93.jpg
豪勢なお食事でございました。お腹が苦しすぎて、夜中まで動けず((+_+))
たまには食べ過ぎもいいよね!
癒しを求めてなんとかたどり着いたのは那須温泉山楽。この距離が限界でした^^;
チェックインタイム遅刻しつつ部屋へのご案内を待つ間、いろり端でホッと一息。
140917_1.jpg
スタンダードな和室には、風呂・洗面所・トイレもついている。設備・備品関係をチェックしてしまう自分が悲しい(>_<)
140917_2.jpg
すでにとっぷりと日が暮れて、闇が暗い。何も見えない。
翌朝、外を見ると、ゴルフのパターの練習ができそうなグリーンがあったのね・・・
140918_0.jpg
廊下からは山並み(八溝山らしい^^;)が見える。
もうすぐ紅葉シーズンがやってくると景色が変わってしまうのでしょう。せめてつかの間の緑を楽しみたい。
140918_5.jpg
外も暗闇だし、とにかく・・・お風呂行かなくっちゃp(^^)q
タイミングよく、他のお客様は夕食時間なのか、ひとり占めできた!
内風呂。
140917_3.jpg
露天風呂。
140917_4.jpg
ノンビリと入っていたかったけど、夕食タイムが迫っているので、ゆったり入浴は食後に回して、カラスであがります!
明日の予定を考えて、本日のお泊りは別府温泉!
別府温泉だぁ\(^o^)/ でもビジネスホテル(-_-) せめて温泉はいれるとこにしよぉ・・・
「最上階のレディースフロア滞在☆フットマッサージ器付き☆天然温泉☆朝食付き4900円」・・・よし、西鉄リゾートイン別府・・・コレだ。
合宿校さんで使用しているホテルではございませんが、ついつい撮影してしまうワーカーホーリックっぽい自分がときどき怖い^^; で・・・お部屋はこんな感じ・・・セミダブルのシンプルな室内。
130602_1.jpg
これがフットマッサージ器。歩行+運転で、足パンパンだし・・・
130602_2.jpg
デスクがゆったりしていて有線LAN(ケーブルも付いてる)も使えるのでノートパソコンが活躍できそうです。
130602_3.jpg
デスク上の三面鏡が使いやすそうと思ったけど全然NG!東横インの安っぽい拡大鏡の方が使える。
130602_4.jpg
さてと、夕飯をどうしよう。ホテルの中にはレストランがない・・・別府駅まで歩いていく元気ないし。
近くで探してみよぉ。(夕飯の報告は、明日のブログに掲載します)
ホテル内の天然温泉は、2階にありました。
130602_5.jpg
男湯と女湯に分かれている。(入替制じゃないのがいいですね)
130602_6.jpg
中に入ると、また暖簾が下がってる・・・厳重ですね。
130602_7.jpg
脱衣所は広くもなく狭くもなく・・・鍵付ロッカーあり。コスメはなし。ドライヤーだけ。
130602_8.jpg
内風呂。
夜はぬるめと思ったけど、朝は適温になっていました。(私的にはもう少し熱くしてほしい)
130602_9.jpg
露天風呂。
130602_10.jpg
初めて体験した別府のお湯は、やさしい湯具合でございました。どちらかというと個性的な泉質でがっつりと「ザ・温泉」を味わいたい私には物足りなかったかも・・・でも、眠りが深く疲れが取れた感じがしたので、ひそかに効能を発揮していたのかもしれません。
朝食は、レストランがないのですから・・・こんなものでしょう。
130602_11.jpg

咲花温泉 柳水園

| コメント(0) | トラックバック(0)
田上自動車学校から約30分ほどで咲花温泉。土産物屋さんは「咲花まんじゅう」を販売するお店1つしか見あたらない・・・きわめてローカル色の強い温泉です。
でも・・・お気に入りで、時間を作っては足を運んでしまう・・・魅力的なお湯でございます。この坂を上っていきます。
130514_1.jpg
入口もデラックスとはほど遠い^^;
130514_2.jpg
500円玉とタオル・シャンプーを握りしめ、いざ!
130514_3.jpg
写真の力はすごい。ちょっと立派な温泉宿の入口みたいに見えちゃってます。
130514_8.jpg
直進すると、男湯と女湯に分かれていて・・・
130514_4.jpg
迷わず奥の女湯!
130514_5.jpg
先客のオバサンが上がったところで、お風呂の写真を撮影させていただきます。
美しいエメラルドグリーン♥ 湯気であまりわからない・・・
130514_6.jpg
ズームイン!
130514_7.jpg
お湯の出ているところにコップが置いてあり、飲泉もできます。
お風呂には、シャワー2つしかついていないこじんまりとした温泉ですが、まったりできます。
しかしながら・・・これから、またクルマで走らなければなりません(+_+)
できれば、1週間くらい『湯治』したい誘惑に負けそうになりながら、30分でフィニッシュ!
新津から電車でも行けます(咲花駅下車3分)ので、新潟合宿にお越しの際は是非お立ち寄りください。
那須好き&温泉好きのお友達曰く、那須塩原温泉の「源美の宿  会津屋」は、食事処のテーブルが囲炉裏端風になっていて、ほっこり暖まれたと大満足の弁でした。複数のグループと一緒でも、天井がこんな感じで高くなっているので、会話が気にならないとも申しておりました。121205_3.jpg今後の参考に、「お献立」を拝借!夕食はこんな感じで・・・美味しそう(*^_^*)121205_4.jpg個別に、「お献立」をたどると・・・
先付:柿 春菊 黄菊白和え121205_5.jpg前菜:むかご真丈 かます一夜干し いくらおろし 鮟肝 栗甘煮 公魚香り揚げ 鶏松風121205_6.jpgお造り:鮪 平目 金目鯛 日光湯葉 刺身蒟蒻 妻物一式121205_7.jpg鍋:いわしつみれ鍋(湯気があって撮影不能とか・・・)
でも、美味しかったとのことでした!
焼物:サーロインステーキ エリンギ ピーマン121205_8.jpg揚物:カレイのから揚げ 青唐 もみじおろし 万能ねぎ ポン酢121205_9.jpg酢の物:小柱と野菜のりんご酢かけ121205_10.jpg香の物&ごはん121205_11.jpg水菓子:梨 巨峰 イタリアンパセリ121205_12.jpg ボリューム満点で、どれも美味しそうでございます(;一_一)
温泉、行きたいなぁ・・・
ラスト画像の「朝食」が多彩なメニュー!121205_13.jpgよし!温泉行くぞぉーp(^^)q
★温泉好きに大人気!黒部観光ホテル・大町自動車教習所/合宿免許エキスパート★
那須塩原温泉の「源美の宿  会津屋」。121205_1.jpg廊下も間接照明が効果的に使用されています。121204_4.jpgお部屋は純和室。121205_2.jpg入口はモダン風にアレンジされているようです。121204_5.jpg★温泉の宝庫・栃木県 さくら那須モータースクール/合宿免許エキスパート★
「温泉効果抜群だよぉ!」・・・那須大好きなお友達から、アトマイザーをもらっちゃいました。121204.jpgメンタムリップよりも、ちょっと高いくらいの身長です。
「ナマモノだから、1週間以内で使い切ってね」
「いいなぁ・・・温泉!」
そしたら、効能書きの画像が届いた(;一_一)121204_2.jpgさらに、飲める温泉「飲泉」の画像とコメント。
「炭酸泉ってだけあって、飲むと温い炭酸水みたいだったよぉ」121204_3.jpg露天風呂の入口。121204_6.jpg露天風呂。121204_7.jpg聞くまでもなく、「チョ~、気持ちよかったぁ(*^_^*)」ですって!
羨まし限りでございます(T_T)
★行きたい!温泉三昧の愛真館・盛岡南ドライビングスクール/合宿免許エキスパート★
一度行ってみたかった秘湯の宿・鉛温泉 藤三旅館へようやく足を運ぶことができました。
名物、立ち湯・白猿の湯は混浴なのですが、オジサマがご入浴中につき、撮影できず・・・もちろん、一緒に入浴させていただいちゃいましたが・・・名物風呂については藤三旅館オフィシャルサイトにてご確認ください。(私は写っていません)
ゆったりと「湯治」したいところではございますが、あわただしい日程につき、1泊のみ。きわめてレトロな本館の和室に滞在させていただき、つかの間の湯めぐりを楽しみました(*^^)v
小さめのお風呂は、時間帯で女性・男性と切り替わります。コチラは、銀の湯。脱衣所も歴史を感じさせる・・・
121112_1.jpg
貸切状態でゆったりさせていただきました。
121112_2.jpg
121112_3.jpg
夕食はお部屋でゆっくりといただけます。121112_4.jpg岩手で、売出し中の「四元豚」の豆乳しゃぶしゃぶ。脂身が少なくさっぱりした味に大満足!121112_5.jpgそばまんじゅうが、ほんのり甘くて温まりました(*^_^*)121112_6.jpg超満腹で爆睡したのに、目覚めたら、しっかり朝食食べられる。これも温泉効果なのかもしれません。121112_7.jpg恥じらいもなく、オジサンと混浴できる自分の勇気に拍手!
あー・・・温泉っていいなぁ・・・日本人に生まれてよかった。
★岩手県内からの合宿もOK!盛岡南ドライビングスクール/合宿免許エキスパート★